理事長メッセージ

佐久間 勤 学校法人 上智学院 理事長

1549年に来日しキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルは、理性的で知識欲旺盛な日本人と接し、学問と教育で日本社会に貢献することの重要性を認識しました。ザビエルの「ミヤコに大学を」という志しは彼が創立者の一人でもあったカトリック男子修道会「イエズス会」の神父たちによって受け継がれ、コレジヨ、セミナリヨというそれぞれ高等、中等教育機関が設立されました。長い中断期を経てザビエルの志しはやがて花開き、1913年の上智大学開学、1934年六甲学院中・高等学校設置を初めとし、高等教育機関として同短期大学部(1973年上智短期大学として発足)、上智社会福祉専門学校(1963年発足)が加わりました。また中等教育機関として栄光学園中学高等学校(1947年創立)、広島学院中学校・高等学校(1956年創立)、上智福岡中学高等学校(1932年福岡カトリック神学校として開校、1983年イエズス会に経営移管)が設置され、同じイエズス会教育理念を共にする学校として2016年4月に法人統合し、現在の「学校法人上智学院」となりました。

上智学院では、「叡智(ソフィア)が世界をつなぐ」(Sophia―Bringing the World Together)という理念のもと、2014年から2023年にかけての将来構想「グランド・レイアウト2.0」を策定し、激動する世界を見据えて様々な改革に取組んでいます。また本学院の各学校は、建学理念と教育精神を表す "Men and Women for Others, with Others" (他者のために、他者とともに生きる)のモットーに基づき、キリスト教ヒューマニズムに立脚した教育、研究、社会・国際貢献を展開しています。とりわけ志を同じくする全世界の諸機関とネットワークを築き、協働し、人々に仕えるリーダーを育てるべく、一丸となって努めております。